ストレス解消

アメリカ心理学会とイギリス健康保険サービスが提唱するストレスをため込まない方法

肌荒れとストレスは切っても切り離せないものだと思います。

そこで、アメリカ心理学会とイギリス健康保険サービスが提唱するストレスをため込まない方法をご紹介します。

アメリカの方が具体的な方法なので参考になればと思います。

ストレスをうまく発散して、ストレスニキビをなくしましょう。

アメリカ心理学会とイギリス健康保険サービスが提唱するストレスをため込まない方法

参照

まずは、よくある間違ったストレス解消法を紹介します。

ギャンブル

ショッピング

タバコ

やけ食い

テレビゲーム

ネットサーフィン

テレビを見る

映画

続いてアメリカ心理学会の提唱する正しいストレス解消法8つ

1・エクササイズ

科学的にストレス解消の効果が実証されている点では間違いなくナンバー1。短期的にストレスをやわらげるのはもちろん、長期的にストレスに強い脳を作ってくれる素晴らしさ。

2・瞑想

瞑想も当ブログでは定番のストレス解消法。血圧を下げてストレスホルモンを減らし、ネガティブな感情も消してくれるのがすごい。

オススメの本

サーチインサイドユアセルフ

ストレスに負けない生活―心・身体・脳のセルフケア

3・読書

意外と見逃されがちなのが、読書のストレス解消効果。本を読むと知識がつくだけじゃなく、ストレスが68%も削減されちゃう。研究によれば、読む本は自分が好きなものなら何でもOKで、できれば1日30分を読書に使うと良いみたい。

4・音楽

音楽セラピーもリラックスの定番。研究によれば、テンポの遅い音楽を聞くだけで心拍数と血圧が下がり、実際にストレスホルモンのレベルも下がったそう。リラックスに効く曲は自分に合ったものを選ぶのが一番ですが、特に候補がないならクラシックを選べばOK。参考:

5・散歩

外を歩くのは健康にいいだけでなく、ストレスを30%も下げてくれる。研究では、PTSDや失職のショックまでやわらげるうえに、記憶力や注意力もアップしてくれるらしい。また、このときに自然のなかを歩くと、緑の量が1%増えるごとにストレスレベルも急激に下がるそう。

参考

マルコーニ・ユニオン「ウエイトレス」

エアストリーム「エレクトラ」

6・友人や家族と過ごす

人間関係の大事さは当ブログでも何度も紹介してきたところ。友人や家族と仲が良いと自尊心と安心感が高くなり、ストレスレベルがガツンと下がる。経済学の試算によれば、月イチで友人や家族に会うと、年に5,674,500円分の価値があるそう。

7・マッサージ

マッサージのストレス解消効果も、科学的にはかなり実証済み。臨床研究では、90分のマッサージを受けると心拍数やストレスホルモンのレベルが下がった。ついでに、食い過ぎや怒りの感情までやわらげてくれるそうな。

8・お祈り

お祈りや宗教的儀式にも、ストレス解消の効果が確認されております。意識が「高次の目的」に向かうと、 人間の脳は快楽物質を出すようにできてるらしい。

イギリス健康保険サービスが提唱するストレスをため込まない10の方法

1. アクティブに行動する

酒やテレビみたいな受け身の休憩じゃなくて、できるだけ積極的に活動したほうがストレスは解消できるよ!考え方です。アクティブな行動の例としては、

軽い運動(ガーデニングとか)

友人とコミュニケーション

2. コントロール感を得る

「人生がコントロールできない!」って感覚はストレスを増やす最大原因のひとつなので、具体的に計画を立てたりタイムマネージメントを学ぶことの重要性が強調されておりました。

3. 人とつながる

コミュニケーションのストレス解消効果は、アメリカ心理学会も取り扱ってましたね。激しいストレスを覚えたら、とにかく友人や家族と楽しく語らう時間を持つのが大事。

4. 自分の時間(MeTIme)を持つ

現代人の多くは、自分が心から試しめるような時間を持つことができていない。そのため、クーパー博士は週に2~3日の夜間は必ず「自分の時間」を確保するように提唱しておられます。これは、「仕事が早く片付いたら自分の時間を取ろう」とか思うのではなくて、「必ず好きなことをする時間を確保するぞ!」って意気込みで事前に計画しとくのがポイント。

5. チャレンジする

受け身な休憩法ばっか使ってると逆にエネルギーが低下するんで、なんか新しいことにチャレンジした方が実はストレスは減る。新しいことを学ぶとストレス解消になるよーってのは、確かに過去の研究でも出てましたね。新しいスキルや知識を装備することで「何かをやるぞ!」ってモチベーションが高まり、これがストレス解消になる。

6. 不健康な習慣を避ける

ストレス解消のために酒、タバコ、カフェインに逃げると逆に死ぬので注意。博士いわく、「それは砂の中に頭を突っ込むようなものだ。一時的にストレスから目をそらせるかもしれないが、問題が消えることはない」とのこと。まぁ当たり前ですね。

7. 他人を助ける

他人に親切にするとメンタルが改善するよーってのも、当ブログでよく書いているとおり。ボランティアやコミュニティワークなどをしてると、メンタルのレジリエンス(回復力)が高まるってデータはかなり多いんですよね。博士いわく、「自分よりも不幸な人を助けることは、自分の問題を解決するのに役立つ」とのこと。

8. がんばらずに賢く働く

「賢く働く」ってのは、「がんばるぞ!」みたいに精神論で仕事に取り組むんじゃなくて、ちゃんとタスクの優先順位をつけて成果が上げる作業だけに集中しようねーみたいな話です。言われてみれば当たり前の話なんですけど、ストレス解消のポイントとしてあげられるのは珍しいかもですね。

9. 感謝する

「感謝」はポジティブ心理学の基本。ということで、博士も「人はいつも自分が持っているものに感謝しているわけではない」ってポイントを強調しておりました。なかでも「友人や家族についての感謝を書く」のは定番中の定番なんで、試してみてもいいでしょうね。

10. 変えられないものを受け入れる

どうにもならない問題にリソースを注ぐとストレスがたまるばかりなので、自分でコントロールできることに集中するほうが吉。博士いわく「あなたの会社が倒産して人員削減を始めたら、こちらができることは何もない。そのような状況では、新しい仕事を探すなど、自分で行動できることに集中しなければならない」とのこと。

このような感じとなっています。

ストレス解消法はたくさん知っているだけで、ストレスに強くなるという研究結果も出ているくらいなので、使えるテクニックはぜひ使ってみてください。

また後日、ストレスを解消させる呼吸法についても載せたいと思います。

ABOUT ME
nisikori
27歳 男
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。