アメリカ皮膚科学会

アメリカ皮膚科学会によるアレルギー反応を回避する方法

アメリカ皮膚科学会の報告した論文の概要をご紹介します。

アメリカ皮膚科学会による報告  

にきび製品:アレルギー反応を回避する方法

病院から処方された製品ではないニキビ製品を使用した少数の人は、深刻なアレルギー反応を起こしました。

1969年から2013年1月の間に、米国食品医薬品局(FDA)はそのような報告を131件受け取りました。そのため、この反応は非常にまれです。

レポートに記載されているすべての製品には、過酸化ベンゾイルまたはサリチル酸が含まれていました。

FDAは、これらのにきびに効果があるとされている成分の1つがアレルギー反応を引き起こした可能性があると報告しています。

別の成分が反応を引き起こした可能性もあります。

あなたの健康を守るために、皮膚科医は以下のことを勧めます。

医療機関でみてもらうこと

ニキビ製品を使用しているかどうかに関係なく、次のいずれかを発症した場合は、すぐに医療を受ける必要があります。

•呼吸困難

•喉の圧迫感

•気になるかすれまたはふらつき

•目、顔、唇、舌の腫れ

•ハイブ

これらは、深刻で潜在的に生命を脅かすアレルギー反応を示している可能性があります。

いつ皮膚科医にいくべきか

次のような場合、皮膚科医に相談すると役に立ちます。

•処方箋なしのにきび製品を初めて使用することを計画し、アレルギー反応の可能性について心配している時。

•深刻なアレルギー反応(医薬品または製品)があった。

まずは、あなたの懸念を必ず説明してください。

あなたの皮膚科医はにきびを治療するための他のオプションについて提案してくれます。

予約時に、自宅でニキビ製品をセルフテストする方法を学ぶこともできます。

これはあなたの肌が反応するかどうかを教えてくれます。

皮膚が反応すると、アレルギー反応を起こす可能性があります。

深刻なアレルギー反応は非常にまれです

この深刻なアレルギー反応を起こす人はほとんどいません。

処方箋なしのにきび製品を使用していて、皮膚反応を起こしたことがない場合は、重度の反応を起こすことはまずありません。

翻訳がおかしいところもありますが参考までに

ABOUT ME
nisikori
27歳 男
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。