シンガポール皮膚科学会

シンガポール皮膚科学会によるニキビ管理ガイドライン2 大人の女性編

大人の女性のニキビ

ヨーロッパ、南北アメリカ、およびアジアからの374人の女性を対象とした大規模な国際研究では、この集団におけるニキビの重要性が評価されました。

成人のニキビは、25歳以降のニキビ病変の存在として定義することができます。

それは青年期のニキビ(持続性ニキビ)の延長または再発である可能性があり、または新たに発生する可能性があります(遅発性ニキビ)。

30代の個人の50%以上がニキビを報告し、遅発性は女性でより一般的に起きています。

成人女性のニキビには2つの異なる臨床症状があります。

1つは青年期のニキビ(ほぼ90%)に似ており、もう1つは下顎領域に限局した軽度の炎症性/結節性ニキビです。

原因は異なる可能性があり(すなわち、アンドロゲン)、この実体の認識が必要です。

女性の大多数(93.7%)は顔面面皰を持っていました。

この研究では、瘢痕は59.4%で発生し、PIHは女性の50.4%で発生しました。成人女性のニキビは心理的負担を表し、生活の質(QOL)に悪影響を与えます。

成人のニキビは、主に軽度から中等度の重症度であり、治療が難治性である可能性があります。

最近の大規模な対照臨床試験のサブグループ分析は、多くの成人女性が標準的な一次ニキビ療法でよく改善することを示されています。

難治性の症例では、長期の治療と皮膚科医へのアプローチが必要になる場合があります。治療法の選択は表14。

特別な集団

妊娠中/授乳中の女性のニキビの治療には、母​​親と胎児/乳児の両方の安全性を考慮する必要があります(表15)。

ホルモン療法、テトラサイクリン、コトリモキサゾール、両方経口および局所レチノイドは避けるべきです。

治療法の選択はに概説されています(表16)。

軽度から中等度のニキビの場合は、局所ニキビ剤と組み合わせて使用​​される局所抗生物質を検討してください。

局所BPOとアダパレンは一般的に安全です。

中等度から重度のニキビの場合、前述の外用剤を経口抗生物質と併用することができます。

限られた体表面積での局所レチノイドの使用はおそらく安全であると示唆する研究もありますが、ほとんどの専門家は妊娠中または授乳中の患者に局所レチノイドを使用することを推奨していません。

女性のほとんどは成人してからのニキビ、肌荒れを経験しているようです。

上記はシンガポールのニキビガイドラインを翻訳しています。

ガイドラインにはレチノイドや経口の抗生物質が推奨されていますが、個人的には抗生物質の服用は避けた方がいいと思います。

レチノイドは塗り薬として、トレチノインやレチノールと呼ばれているものだと認識しています。

これらは妊娠中や授乳中でなければ、使用して良いと思います。

ただ、まずは食事を変えて、腸内環境を整えることを優先させてください。

ABOUT ME
nisikori
27歳 男
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。