ニキビ肌を綺麗にする実験

ニキビができないようにするためには知識が必要

昨日の続きです

腸内細菌について色々調べてきましたが

ある記事をみながら考えを述べていきたいと思います

https://note.com/ryomiyamoto/n/n5258e77ef835

腸内で自分だけの熱帯雨林を作ろう


では、具体的に何を食べればいいのか?ということになりますが、

今現在で推奨されているのは、出来るだけ多種多様な食べ物を食事に取り入れ、

何種類もの食物繊維を摂取することによって、

腸内にいる雑種雑多な細菌にまで栄養が行き渡るようにデザインすることです。

腸内細菌の理想的なイメージは熱帯雨林、

同じ動物や植物が生えている環境ではなく

何千何万の違う細菌が共存しあう環境です。

バランスの良い生活環境で細菌のバランスが取れていると、

一時的に増えた一般的に悪い細菌と呼ばれる存在も、徐々に数を減らして、共存ができる状態をキープ出来ます。

例えば、
セルロースが豊富な野菜、果物

リグニンが豊富なカカオパウダー・豆類・昆布

イヌリンが豊富なゴボウ、ニラ、ニンニク

ペクチンが豊富なリンゴ、芋類、キャベツや大根

ヘキソサンが豊富な大麦小麦

ペントサンの豊富なオートミールなどなど

こうやって見ると、「何でも食べていいんじゃん!」という意見も聞こえてきそうですね。

私もそう思います。

何を食べるよりも、何を食べないか


私自身、ケトジェニックダイエットでバターコーヒーを飲んだり、オリーブオイルを何にでもかけたり、米や小麦、芋類を制限していた低糖質な食生活を実践した経験があります。

これは個人的な意見ですが、あるダイエットに固執して何を食べた方が良いのかを気にするよりも、

「何を食べないか?」が重要なのではないかと、

最近では考えるようになりました。

ある程度検証されたダイエットを実践すると万人に効果的であるのは(保有する遺伝子がその食生活に合わないという例外を除く)、

実践することによって摂取を控える共通の食べ物が存在しているからだと思います。

私の好きな言葉の一つに「科学は仮説の域を出ることはない」というものがあります。

今まで私達が生きてきた中で経験してきたように、

健康分野の中でも新しい発見によって、

今まで科学的な(仮)証明が覆ってきたことがありました。

古くは
「一日三食食べろ」
「脂質は悪」
「コレステロールは低い方がいい」などなど

ケトジェニックやパレオも、そのうち新しい発見と仮の証明によって覆えるのだと思いますが、

これらは現在もっとも有力な「仮説」であるという前提を踏まえ、

今推奨されている食生活の数々の中から共通して

「腸内環境にとって避けた方がいい食べ物」をご紹介します。

・精製された食べ物(白米、白パン、パスタ、上白糖など)
こちらは上記で記した単純炭水化物なので、

消化器官上部で消化が完了してしまい、

腸内全般までは栄養が回っていきません。精製された砂糖なども同義です。

・加工食品(インスタント食品、ファストフード、ジャンクフード、お菓子など)

いわゆる現代に普及している(自然には存在していない)食べ物ですね。

ダイエット飲料などに含まれる人工甘味料も腸内を荒らす原因となるようです。

上記に記したように、ある程度効果的であると立証されたダイエットの中で、

精製された単純炭水化物や加工食品の積極的摂取を推奨している食生活は、私の知る限りでは存在しません。

私の見解では、どのダイエットも一長一短で、幾らでもそれぞれ反証できる材料は転がっていますが、

「避けるべき食品」は共通点として存在しています。

食べ物ではないが気をつけた方がいい枠外選手
・抗生物質

本来、外部から侵入した有害なウイルスや細菌を退治するという重要な役割を持つ抗生物質ですが、

今のところ、良い腸内細菌まで破壊してしまうことがわかっています。

専門家は、イブプロフェンなどの抗生物質投与は「豊穣なジャングルにナパーム弾を打ち込んで、隠れた敵を、森そのものと一緒に焼き尽くすようなもの」と表現しています。

一回腸内環境が破壊されると、元の状態になるまでに、かなりの時間がかかります。

いわゆる病み上がりの状態で気分が優れない時、

情緒不安定な時など、腸内が焼け野原になっている状態です。

私はアメリカ生活が長く、幸運にも外傷以外では、病院に一度もかかったことがないので、経験はありませんが、

診察の際に「抗生物質はできるだけ控えたい」と申し出れば、医師や薬剤師は柔軟に対応してくれるようです。

しかし、抗生物質でウイルスを退治することが医師が最善であると判断すれば、そのように従いましょう。

※科学者のRhonda Patrick女史は、抗生物質摂取後に、できるだけ早く腸内環境を回復させるため一般的なサプリの10倍の量、450億の生きた乳酸菌が入ったVSL 3というサプリを服用し、腸内細菌の回復を早めることができたそうですが、日本では1ヶ月分で4万円近くするので、普段使いは難しそう。特効薬的な扱いとなりそうです。

感想

真ん中の方に何を食べるかよりも何を食べないかという見出しがありますが、これが超重要だと個人的には思います

いくら野菜を食べても、食物繊維を摂取しても

腸内細菌に悪いものを食べるとニキビができてしまいます

ニキビができやすい人にはほぼ共通していることだと思います

なので、どういったものを食べるとニキビができるのかを個人で調べていく必要があります

でも食べ物の限定方法

つまり何を食べたらいいのかという指標として

レクチンフリーの食材がいいのかなと思っています

とりあえず色のパラドックスに書いてある食べても良いものを食べ続けて6週間くらい経過を観察するのがいいです

とにかくまずは行動ですね

何事も始めるのにはお金がかからない方法をとったほうがいいと思うので、美容外科ではなく食事がいいです

今日からはじめてみましょう!

ABOUT ME
nisikori
27歳 男
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。