ニキビ肌を綺麗にする実験

ニキビができない食生活 30日目

昨日の夜は外食だったのだが

肌に悪そうなもののオンパレードだった

中華料理屋にいき

酢豚

春巻き

あとはなにやらよくわからないもの

2−5日後になにも起きなければいいが

明後日も外食なので、普段の食べ物は気をつけようと思う

肌を毎日みていると色素沈着が薄くなってきているみたい

おそらくトレチノインが効果を発揮しているのだと思う。

 

 

トレチノインの使用方法や使用すべき時期、塗り方について実体験も含め、調べたことをまとめてみる。

トレチノインはニキビ、ニキビ跡だけに塗るべきか

それとも顔全体に塗るべきか

一回だけ顔全体に塗ったことがあったが、その時は顔が真っ赤になって会社の人から心配されたことがありました。

誰とも会わなくて良い期間で、顔全体に気になる部分

例えば、色素沈着、シミ、ニキビ、しわがある人は全体に使ってもいいかもしれないが、僕の場合はニキビと色素沈着にしか塗っていないです

クレーターには多少効果はあるかもしれないけどトレチノイン以外の方法の方が良いかなと個人的には思っています。

とはいえ、肌のメンテナンスのために全顔トレチノイン治療を行う人がいるように、肌全体にトレチノインを塗る事で得られるメリットもあります。

ニキビの部分にだけ塗った場合、ニキビとその周辺部分の肌質が変わってきますが、肌全体に塗る事で顔全体のターンオーバーを整えられるでしょう。

ただ、肌全体に塗る場合は、なるべく赤みが目立ちにくくなるように、低濃度・少量を使い、炎症を起こさない様に使う方がいいかもしれません。美容意識が高く、肌メンテナンスの為にトレチノインを使っている人は、この方法で行っている人が多いと思います。

どちらにせよ、最初は低濃度のBIHAKUEN0.025%から始めるのがいいと思います。

 

治療を始める時期がかなり重要

個人的に、トレチノイン治療を始めるのにベストなのは11月~2月くらいだと思います。

11月になると、紫外線量が大幅に下がります。トレチノイン治療には紫外線が大敵なので、なるべく紫外線量が少ない季節に行うべきだと思います。

2020-02-25 14.44のイメージ.jpg

出典:気象庁|日最大UVインデックス(観測地)の月平均値の数値データ表

夏場(5月~9月)は、紫外線量がとても多く、トレチノイン治療を行うのに不向きだと思います。夏場にトレチノイン治療を行う人もいるようですが、初心者には少しハードルが高いでしょう。

 

トレチノインはどのくらいの期間使うべきか

これがかなり難しいところ

ニキビができた場合は、そこにだけ塗っていた

だいたいニキビの芯のようなものが出るまで1週間くらい

だいたいそのあとは赤くなるので、その赤みが引くまではトレチノインを塗ることは少ない

その赤みがおさまってから、色素沈着になっていたら

そこからトレチノインを塗るのが

1日に1−2回

4−6週間塗り続ける

トレチノインを塗ったあと10分乾かして

その上からルミキシルを塗っていた

本来の治療法ならハイドロキノンなのだが肌に合わなかったため、ルミキシルを使用

6週間以上塗り続けてしまうと、今度は色素沈着ではなくて赤みが消えなくなってしまう

ただ、とにかくニキビを作らないような肌作りが超重要

まとめると

ニキビに塗る場合

1 ニキビに塗る

2 だいたい1週間くらい塗ると芯のような膿がコロッと取れる

3  赤みが続いている場合が多いので、それが治るまではトレチノイン を塗らない

4  血が出た場合はオロナインを塗って2−4日経過観察

5  赤みがおさまってから、色度沈着になっている場合トレチノインを2−6週間塗り続ける → 色素沈着がだいぶおさまってきたと感じたらトレチノインは塗らない

6  その2−6週間の間、トレチノインを塗って10分くらい乾かしたら、ルミキシルを塗る

7  トレチノインを塗らなくなった後もルミキシルを6週間くらい塗り続ける

8  必ず毎日日焼け止めを塗る

 

こんな感じのことをしていた。

日焼け止めを塗るのを怠るとかなり悲惨になるので注意が必要

トレチノインの量はニキビのてっぺんにちょこんと塗るだけがいいです

全体にたっぷり塗ると、赤みが1−2ヶ月たっても消えないことがありましたので注意が必要

色素沈着やしみ対策の場合は5からでいいかと思います。

 

ただしトレチノインは副作用が強いので皮膚科で医師にみてもらいながらがベストです。

責任は取れないので、ご注意ください。

 

食事動画です

 

ABOUT ME
nisikori
27歳 男
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。