ニキビの論文

ニキビができるのは異常事態のサイン

ニキビができてうれしい人はいないと思います。

できれば一生できないでほしい。その気持ちは痛いほどわかります。

タイトルだけ見ると、ニキビができている人は異常者みたいな言い方なので、反感を買うかもしれません。

遺伝的にニキビのできやすい人、できにくい人がいます。

遺伝的にできやすい人はとってもつらいですよね。

ただ、ニキビは文明病といえるくらい、普段の生活習慣が原因となっている可能性が高く、ニキビができるということは、体のどこかで常とは異なることが起きているよというサインなのです。

つまり、体の異常サインにいち早く気づけるのは、逆に便利かもしれません。

そのようにとらえるように心がけています。

なぜ、ニキビは文明病といえるのでしょうか?

ニキビができないようにするためにはどうしていくべきなのでしょうか?

そういった疑問にお答えしていきたいと思います。

まず、ニキビが文明病だという根拠について

2002年にパプアニューギニアのキタバン族を調べたデータによれば、狩猟採集民には肌のトラブルがほぼなかったとのこと。

結果からいうと

検査された1200人のパプアニューギニアのキタバ島の被験者(15〜25歳の300人を含む)のうち、ニキビの症例(複数の面皰を伴うグレード1またはグレード2〜4)は観察されませんでした。

843日間にわたって検査された115人の被験者(15〜25歳の15人を含む)のうち、活動性ニキビ(グレード1〜4)の症例は観察されませんでした。

とのことです。

また、西洋化された社会では、尋常性ざ瘡(ニキビ)は、青年期の全体人口の79%から95%を悩ませている普遍的な皮膚病です。

25歳以上の男性と女性では、40%から54%にある程度の顔面ニキビがあり、臨床的な顔面ニキビは女性の12%と男性の3%で中年まで持続します。

と記載されています。

つまり、人類が誕生してから約30万年前にホモサピエンス(今の人類)が誕生して、狩猟をして生活していたのに、この数百年で生活様式がガラッと変わり、私たちの体がその変化に対応できていないということです。

では、解決策としては狩猟生活に戻すしかないのでしょうか?

それしか解決策がないとかなり困りますよね。

できるだけ、多くの人にとっての正解を記載していこうと思います。

ニキビの原因はかなり多岐に渡るというのが正直なところです。

ただ、これらが原因となる可能性が高いところからつぶしていくのがセオリーとなります。

それは

・体内の炎症

・リーキーガット

・腸内細菌の不調

・フードアレルギー

・ストレス

・睡眠不足

この順番につぶしていくのが、正解となります。

参照記事

このブログでは何度も言っていますが

脳―腸―肌はつながっているので、まずは腸の不調を改善していくこと

つぎに脳というのが正解だと思います。

腸内細菌が脳をコントロールしているという論文もでているくらいなので、まずは腸です。

腸に直接影響を与えるのは、食事です。

厄介なのが、健康によいと思って食べていたもの、飲んでいたもの、摂取しているサプリが、逆に腸に悪さをしている状態であれば、いますぐにやめるべきです。

健康には良いけど、ニキビができやすい人の腸には良くないものの代表例

・ヨーグルトや牛乳などの乳製品

・トマト、ナス、キュウリなどのナス科の植物

・じゃがいも

・グルテン系(パン、パスタなどの小麦食品全般)

・豆類(豆腐や味噌もNG)

・ナッツ類

・カフェイン(コーヒー、緑茶など)

・アルコール

・米、トウモロコシ

これら以外にもありますが、健康に良いんじゃないの?と思って、摂取しがちなものを上げてみました。

・トマト、ナス、キュウリなどのナス科の植物

・じゃがいも

・グルテン系(パン、パスタなどの小麦食品全般)

・豆類(豆腐や味噌もNG)

・米、トウモロコシ

これらにはレクチンというたんぱく質が多く含まれており、腸に悪さをしてしまう可能性が高いです。

豆類に関しては長時間水に浸した後、加熱すればレクチンを不活性化できますが、ニキビ治療を目的としている期間では、避けておくのが良いかと思います。

それら以外のレクチンは熱でも不活性化が難しいので、避けましょう。

・ヨーグルトや牛乳などの乳製品

なぜ、ヨーグルトや牛乳などの乳製品がニキビを悪化させる原因となるの?と疑問に思った人は多いと思います。

なぜかというと

ニキビができやすくなる条件

1インスリンの分泌が多い

2IGF-1が多い(インスリン様成長因子)

3GIPが多い(グルコース依存性インスリン分泌刺激ペプチド)

いずれも牛乳のタンパク質で増えやすいので、乳製品は避けるべきだということです。

この3つでニキビが悪化するメカニズムは、

牛乳のタンパク質でインスリンが増える

それが原因でmTOR/Aktが活性化する

脂腺細胞から脂が多く出始める

ニキビにつながる

という感じです。

参照

・ナッツ類

・カフェイン(コーヒー、緑茶など)

これらは食物アレルギーの原因となりやすいためです。

ただし、クルミはオメガ3、ポリフェノール、食物繊維が豊富で腸にはかなり良い栄養素満点なのですが、一旦は避けておきましょう。

緑茶もポリフェノール豊富なのですが、一旦避けると。

・アルコール

アルコールは少量なら体に良いという説もありますが、腸内環境を荒らす可能性大なので、避けましょう。

健康に良いと思っていたけど実はニキビには悪影響のサプリについて

ビタミンB12です。

こちらの論文に原因が書いてあります。

内容を簡単に説明すると

・ニキビ患者の皮膚の常在菌はビタミンB12の産生が健康な肌の常在菌と比べて低かった。

・健康な肌の人たちにビタミンB群のサプリを摂取してもらうと、ニキビ肌の人の常在菌のようにビタミンB12の産生量が低くなってしまった。

・ビタミンB群のサプリを摂取することで、ニキビの炎症を誘発するポリフェリンの産生量が多くなった。

このような感じです。

肌をきれいに保つためには

腸内細菌や皮膚の常在菌といった、微生物と共生していくことが必須です。

なので、やたらと洗顔しまくったり、抗菌薬塗りまくったりすると事態を悪化させるのです。

これらを守れば

最初にのべた

・体内の炎症

・リーキーガット

・腸内細菌の不調

・フードアレルギー

などに効果的にアプローチができるはずです。

この中のリーキーガットに関しては

あえて腸内細菌のエサとなるポリフェノールや食物繊維を与えない食事方法が有効とのデータもあるので、食事の改善を2か月間続けても、まったく良くならない場合はFODMAP食を試す必要があるかもしれません。

FODMAP食の具体的な方法は以下を参照ください。

ストレスと睡眠不足には瞑想がおすすめ

ストレス解消法についてはいろいろな方法がネットでも本でも出ていますが、個人的には瞑想一択でいいのではと思っています。

瞑想(めいそう)と聞くと、宗教やスピリチュアルに感じるかもしれませんが、何も難しく考える必要はなく、呼吸を意識的に行うマインドフルネス瞑想が良いと思います。

瞑想の効果は

・リラックスをもたらす副交感神経が起動しやすくなる

参照

・瞑想歴が長い人は睡眠時間が少なくなる

瞑想の具体的な方法

瞑想の基礎は超シンプル

  1. 呼吸に意識を向ける
  2. 呼吸から意識がそれたらもどす
  3. 決めた時間(毎日行う。何分でも良い)までくり返す

これだけです。

瞑想中に起こりがちなのが

これで本当に正しく瞑想できてるのか?という疑問がわいてきて、いろんな手法に手をだして挫折。

この現象は私が受験勉強していたときにも起きていたことです。

この参考書、問題集で良いのか?

いろんな問題集に手を出す

どの問題も理解が深まらず、模試などの試験範囲が広いテストになるとぼろぼろ

そんな疑問がわいたときは

  1. 「これでいいのか?」って疑問がわく
  2. 「疑問がわいた」って事実に意識を向ける
  3. やがて疑問がフェイドアウトしていく
  4. 呼吸に意識をもどす

こちらの方法で解決できるはずです。

瞑想にお勧めの道具

座布団

瞑想アプリ

具体的な方法

  1. リラックスして座る:できるだけ静かな部屋を選び、照明はやや暗めに。タイマーアプリを起動したら、背筋を伸ばして着席。
  2. タイマーをスタートさせる
  3. 深呼吸を3回:まずは鼻で深呼吸を3回して、もっとも呼吸の感覚が目立つエリアを探します。たいていの場合、息を吸うときは鼻の穴の中ほどぐらいが、息を吐くときは鼻孔の縁あたりが、もっとも空気の動きを感じやすいのではないかと。そこが、瞑想で意識を集中させるポイントになります。
  4. 呼吸に意識を向ける:上で探したエリアに意識を向け続けます。といっても「集中するぞ!」と力むのではなく、ぼーっと呼吸を見つめるようなイメージ。ここが瞑想の最重要パートであり、最高に難しいところであります。
  5. 頭では考えない:呼吸に意識を向けるときは、頭で「息を吸ったぞ!」とか「吐いたぞ!」とか言葉にせず、ひたすら息の出入りを見つめるのが大事。普段から考え事に慣れちゃってると、この感覚をつかむまでが大変なんですけども、ぜひめげずに頑張りたいところ。
  6. 気がそれたらゆっくり戻す:瞑想中に仕事のことを考えたり、過去の記憶がわきあがったりしたら、そのたびにゆっくり呼吸に意識をもどしましょう。ここで大事のは、「また気がそれた!ダメだ!」とか思わないこと。わたしも500時間は瞑想してますが、いまだに集中力はそれまくってます。意識は絶対にさまようものなんで、集中力の100本ノックだと思って、気にせずに呼吸に注意をもどしましょう。
  7. 気がそれたらゆっくり戻す:って、くり返しになりますけど、大事なことなので2回書いてみました。何かを考えたらゆっくり呼吸に意識をもどし、怒りや悲しい感情がわいたらゆっくり呼吸に意識をもどし、「瞑想って退屈だなー」と思ってもやっぱりゆっくりと呼吸に意識をもどします。あとはタイマーが鳴るまで、この作業のくり返し。

参照

これらをすべて実践すれば、かなり良い結果がまっているので、ぜひやってみてください。

不明点や疑問点があしましたら、にきびができない方法がわかったので教えますというlineのオープンチャットにて質問してください。

ABOUT ME
nisikori
27歳 男
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。