日焼け止め

日焼け止めはこうやって選ぶのだ

紫外線の悪影響は計り知れない。

日焼け止めは必須です。

ただ、何が良いのかわからないので、日焼け止めについて調べてみました。

■■ [非オーガニック系] ■■
アレルギー反応や肌荒れが出にくい
肌に塗りにくい(白い跡が残る)
光安定性が高い(≒効き目が長持ちしやすい)

■■ [オーガニック系] ■■
紫外線をブロックする働きが高い(特にUVA)
肌に塗りやすくて定着率が高い
いくつかのオーガニック系は、紫外線を吸収したあとで崩壊する(≒効き目がなくなる)

一長一短です。

オーガニックの方が紫外線ブロックの効果が高いのですが、このブログをみている人は敏感肌が多いと思うので、非オーガニックを使うのが良いでしょう。

日焼け止め成分って結局何が良いのか

オススメしない成分
“アボベンゾン”:UVAブロック効果は高いが、光を吸収後の崩壊スピードが速い。UVに反応して活性酸素を生み、アレルギー反応が出るケースも。
“エンスリゾール”:UVAブロック効果は低い
“エンザカメン”:UVAブロック効果が低く、肌荒れを起こすケースがある
“ホモサレート”:UVAブロック効果が低く、光で崩壊しやすい
“オクトクリレン”:UVAブロック効果が低く、肌荒れを起こすケースがある
“オクチノキサート”:UVAブロック効果が低い
“サリチル酸エチルヘキシル”:UVAブロック効果が低く、光で崩壊しやすい
“オキシベンゾン”:UVA1のブロック効果が低く、肌荒れを起こすケースがある
“パディメート O”:UVAブロック効果が低く、肌荒れを起こすケースがある。光で崩壊しやすい
“PABA”:UVAブロック効果が低く、肌荒れを起こすケースがある

オススメ成分
“ビスオクトリゾール “:UVA1、UVA2、UVBの全てをブロックし、光にも強い。
“ドロメトリゾールトリシロキサン”:ロレアルの特許成分。UVA1、UVA2、UVBの全てをブロックする。
“酸化亜鉛”:UVA1、UVA2、UVBの全てをブロックし、肌荒れを起こさない。ただし、紫外線のプロテクト効果はそこそこ

とにもかくにも、UVAとUVBの両方をブロックする成分の入った日焼け止めを使い、肌に塗ってみて、痒みがなどの異常がなければ大丈夫です。

ABOUT ME
nisikori
27歳 男
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。