ニキビ肌を綺麗にする実験

美白効果が最も高いとされる成分とは

美白効果に定評のあるルミキシルについて調べてみた。

ルミキシルは米国スタンフォード大学の皮膚研究者によって開発された新しい美白成分「Lumixylペプチド」を配合した美白クリームです(医療機関専売品)。Lumixylペプチドは天然由来のアミノ酸から成るタンパク質で、シミの原因メラニンの生成に関与するチロシナーゼを阻害します。

臨床試験では、美白剤として医療機関でも多く使用されている「ハイドロキノン」より、ルミキシルの方が17倍も高い有効性※を持つことが確認されています。(チロシナーゼを86%、メラニン生成を40%阻害)
ルミキシルはメラニン生成を均一に抑えるため、部分的に白く色抜けすることなく、加齢や紫外線によるシミ・肝斑・くすみ・色素沈着・にきび跡を改善します。

 

とのこと

続けてこのような記載が

ハイドロキノンなどの化学物質はアレルギーを起こすこともあり、敏感肌の方は使用できないというデメリットがありましたが、ルミキシルは完全に非毒・非刺激性のため、肌へダメージを与えることなく、敏感肌の方でも安心して長期間お使いいただけます。塗布後も皮膚のバリア機能を損なわないため、日光による肌ダメージを抑えることができます。ルミキシルは「強力な美白力」と「肌への優しさ」を兼ね備えた、これまでにない次世代型美白コスメです。
チロシナーゼを50%阻害するための濃度を比較したところ、ルミキシルは40μM(マイクロモル濃度)であるのに対して、ハイドロキノンは680μM。つまり、ハイドロキノンがルミキシルと同等の効果を出すには、濃度を17倍にする必要があるということになります。
●適応
紫外線や加齢によるシミ
そばかす(雀斑)
肝斑(かんぱん:顔の左右対称に広がる広範囲のシミ)
くすみ・色ムラ
にきび跡の色素沈着
炎症後の色素沈着

 

ハイドロキノンなどの化学物質はアレルギーを起こすこともあり、敏感肌の方は使用できないというデメリットがありました

→まさに僕の肌が赤くなった現象はこれだと思う。

若干ルミキシルでも赤くなっている気がするが。

 

さらに

●8週間で美白を実感、16週間で50%改善
シミ・肝斑のある5名のモニター女性を対象に行われた、ルミキシルの臨床試験※では、使用後8週目に著しい改善が認められました。さらに12週間後は40%、16週間後には50%の改善が認められたことが報告されています。

●ルミキシルの使い方
朝晩1日2回。洗顔後にタオルで水気をとってからお使いください。
ルミキシルを2プッシュ(豆粒大の量)手に取り、顔全体に塗ってください。その後に化粧水、美容液、乳液などのスキンケア製品をお使いください。
またルミキシルをお使いの場合は、必ず日焼け止め(日中はSPF30以上)をお使いください。
2ヵ月以上継続して使用して下さい。

 

5名のモニター女性

→ 5名しかいないので、根拠としてはあんまりという感じがする。

必ず日焼け止めを塗りなさいという注意書きが書いてあるのは見落とせない。これはトレチノインを塗っている場合も同様。

ルミキシルについて理解が深まったが、やはり一番大事なのは食事だと思うので

ABOUT ME
nisikori
27歳 男
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。