腸内細菌

美肌に欠かせない酪酸とは

酪酸について知ろう

腸内環境や腸内細菌を調べていると、酪酸が重要ということがわかってきたのですが、なぜ重要なのかを調べていこうと思います。

参照

酪酸は、酪酸菌(酪酸産生菌)という腸内細菌が作り出す短鎖脂肪酸の一種です。

腸内で作られた酪酸は、主に大腸が正常なはたらきをするためのエネルギー源として使われます。

大腸の粘膜上皮細胞が必要とするエネルギーの約60~80%は酪酸でまかなわれており、大腸が正常に機能するには酪酸は重要と言えます。

酪酸のチカラは腸の健康を保つだけにとどまりません。

アレルギー疾患、インフルエンザなどの感染症、さらには糖尿病やがんとの関連が研究され、カラダ全体の健康維持に貢献している可能性がわかってきています。

酪酸菌を増やすためにできること

・整腸剤による経口摂取

Changes of Intestinal Flora following Oral Administration of Clostridium butyricum, Miyairi Strain

この論文のさわりで、

胸部外科手術を受けた主に成人入院患者に,Clostridium butyricum,Miyairi株を経口投与し,その投与前,および後の糞便中の種々細菌数およびCl.butyricumの菌数も測定した。

Cl. butyricum, Miyairi株は経口投与数日後糞便中から検出されるようになり,その菌数は糞便1gあたり10^6~10^7個であった。

腹部症状のなかった患者にミヤBMを投与すると,投与前に比べ糞便中大腸菌,Lactobacillus,腸球菌の数が増加した。

これに反し,クレブシエラ,カンジダの菌数に減少した。

経口摂取で酪酸菌が増えたという記載があったので経口摂取は効果ありかも。

酪酸菌のエサとなる食物繊維を多く含む食品をとる

酪酸は短鎖脂肪酸の一種で、腸内細菌が食物繊維を分解してできる成分。こちらも腸内バリアの保護機能については定評があります。

根菜や緑黄色野菜をガッツリ増やせば良いかと思われます。効率よくとりたい場合はグリーンバナナやレジスタントスターチなんかがおすすめ。

適度な運動

食べ物による腸内環境の改善だけではなく、適度な運動習慣は腸の活動を活発にし、酪酸菌の過ごしやすい環境づくりに効果的とされています。週3~4回のペースで1日30分~1時間程度、そして息が少し上がる程度の運動を心がけましょう。

酪酸を増やすには

・サプリや整腸剤で補給

・エサとなる食物繊維摂取

・運動

当たり障りのない情報でしたが、腸内細菌について調べるほど、酪酸というワードが結構出てきます。

僕は酪酸の入った整腸剤を飲もうかなと考えています。

今日から断食を始めたので、整腸剤は来週からですね。

ABOUT ME
nisikori
27歳 男
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。