肌の豆知識

肌に関するフェイクニュースはどれくらいあるのか?についての研究

フルでのテキストが見れなかったため、概要を載せます。

研究の背景

ソーシャルネットワーク(SNS)は、健康関連の問題を解決するために活用する手段として当り前になっていることから研究が行われた。

目的

最も人気のあるソーシャルネットワーク(SNS)で最も頻繁に共有される肌に関するコンテンツの特徴を説明し、その正確性を分析します。

方法

2019年3月から2020年3月の間にソーシャルネットワーク(Facebook、Pinterest、Twitter、Reddit)で最も頻繁に共有された肌に関するコンテンツを、キーワードを使用して分析しました:ニキビ、脱毛症/脱毛、乾癬、湿疹、黒色腫、皮膚がん、発疹、酒皶。

相互作用の総数、皮膚病、トピック、および起源は、各レコードから収集されました。

内容を分析し、入手可能な科学的証拠に基づいて、正確な情報、混乱させる情報、または不正確な情報に分類されました。

結果

合計385のウェブサイトが対象となりました。

コンテンツの約44.7%が不正確、20%が混乱させる情報、35.3%が正確な情報と評価されました。

不正確な情報として分類されたものは、より高い平均相互作用として判断されました(P  <0.05)。

相互作用とは簡単に言うと「人によって効果が違う」ことです。

確実性の程度の面と研究された皮膚病に関して違いは見られなかったが、話題と情報起源に関しての違いは存在した(P  <0.001)。

不正確な情報として分類された内容のなかで、最も多いトピックと情報源は、

「代替医療」と「個人の意見、医療機関と提携していない記事」でした。

結論

ソーシャルネットワークで共有されることが多いコンテンツの大部分は、信用に足る基準を下回っています。

不正確な情報を排除し、エビデンスに基づく皮膚科情報の普及を促進するための戦略が必要です。

ABOUT ME
nisikori
27歳 男
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。