肌の豆知識

肌の天敵について

肌の天敵っていうのは結構いるのですが、今回紹介する天敵は紫外線です。

僕のようなニキビができやすい人、肌が弱い人にとって知っておくべき知識を僕の知る限り、話していこうと思います。

肌の天敵について

紫外線について知見を深めてみようと思います。

引用

  • 紫外線とは?

紫外線とは、地球上に降り注ぐ太陽光線の一種のことです。

紫外線は波長の長い順に、UVA、UVB、UVCに分けられます。

地球はオゾン層で覆われており、そのオゾン層を通過して降り注ぐのが、UVAとUVBです。

UVCはオゾン層によって吸収されてしまうので地球上にはほとんど届きません。

【UVA】(波長320~400nmの紫外線)

地上に降り注ぐ紫外線の90%がUVAで、ガラスを通過し、さらに皮膚の真皮にまで到達します。

また活性酸素を発生させたり、肌のハリを保つコラーゲンやエラスチン線維を切ってしまい、シミやたるみといった肌老化の原因になります。

肌が黒くなる原因もUVAによるものです。(サンタン) またUVAは、屋内外や季節に関係なく1年中降り注いでいます。

【UVB】(波長280~320nmの紫外線)

オゾン層でほとんど吸収されますが、一部が地表に到達し、日焼けや皮膚ガンを生じさせ、シミやソバカスの原因となります。皮膚へのダメージが強いので皮膚が赤くなり、ヒリヒリ痛んで炎症を起こします。(サンバーン)

【UVC】(波長200~280nmの紫外線)

UVBよりも強力な紫外線ですが、オゾン層に吸収されて地表には届きません。 ※ 1nm(ナノメートル)は10億分の1メートル

UVA、UVBの両者の大きな違いとして

UVBは細胞の核内にあるDNAに直接吸収されてDNAに傷をつけてしまいます。

 DNAは細胞の設計図ですから、これに傷がつくということは細胞にとっては大変な傷害となるわけで、その結果細胞は死んでしまいます。

UVAとUVBを防ぐ方法と言ったら、日焼け止めですね。

日焼け止めを知るためにもSPF、PAと日焼け止め成分によく使われている成分についてみてみましょう。

SPFとはsun protection factorの略でUVBの防止を目的とする。

SPFの後の数字は、例えば10と書いてあれば、日焼け止めを塗っていない状態よりも肌へのダメージを10倍遅らせるという意味になります。

目安としてはSPF1 = 20分

PAはUVAの防止を目的とするものです。

PAの後の++の数が多いほど高い効果が期待できます。+は4段階表示。

続いて、どんな成分の入った日焼け止めを選ぶべきなのかを書いていきます。

オススメできない成分はUVAブロックの効果が低いとされる成分です。

例えば

•アボベンゾン:UVAブロック効果は高いが、光を吸収後の崩壊スピードが速い。UVに反応して活性酸素を生み、アレルギー反応が出るケースも。

•エンスリゾール:UVAブロック効果は低い

•エンザカメン:UVAブロック効果が低く、肌荒れを起こすケースがある

•ホモサレート:UVAブロック効果が低く、光で崩壊しやすい

•オクトクリレン:UVAブロック効果が低く、肌荒れを起こすケースがある

•オクチノキサート:UVAブロック効果が低い

•サリチル酸エチルヘキシル:UVAブロック効果が低く、光で崩壊しやすい

•オキシベンゾン:UVA1のブロック効果が低く、肌荒れを起こすケースがある

•パディメート O:UVAブロック効果が低く、肌荒れを起こすケースがある。光で崩壊しやすい

•PABA:UVAブロック効果が低く、肌荒れを起こすケースがある

パレオな男のメルマガ参照

オススメ成分

•ビスオクトリゾール :UVA1、UVA2、UVBの全てをブロックし、光にも強い。

•ドロメトリゾールトリシロキサン:ロレアルの特許成分。UVA1、UVA2、UVBの全てをブロックする。

•酸化亜鉛:UVA1、UVA2、UVBの全てをブロックし、肌荒れを起こさない。ただし、紫外線のプロテクト効果はふつう。

オススメ成分のほとんどは肌に塗ると白くなり、肌を不自然に白くしてしまいます。

僕の場合は、肌に合わない成分もあり、現在は赤ちゃん用のSPF34の日焼け止めを塗っています。

おまけ

ニキビトラブルからの派生である色素沈着について肌の構造との関係を見てみます。

シミ(色素沈着)の色と深さ

ABOUT ME
nisikori
27歳 男
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。