ニキビ肌を綺麗にする実験

脂性肌を確実に改善させる方法

食事と脂性肌の深い関係

食事変えるのなんて試したけど意味なかったよ!という人も多いでしょう。

確かにその通りです。食事を変えても意味はありません

暴飲暴食してもテカテカにならない人もいれば、ちょっとジャンクなものを食べただけでギトギトになる人もいるでしょう。

体質というものがあるので、それに合った食事をする必要があるのでしょう。

野菜を食べるようにしたり、お菓子をやめてみたり、色々と工夫はしたと思います。

ただ、食事を変えて脂性肌を治すのであれば、その本質的な部分にフォーカスする必要があると考えています。

なぜ野菜を食べるのか?なぜお菓子をやめるのか?

それを理解していないと、全く意味のない食事改善になってしまう可能性があると考えています。

糖質を摂り過ぎると皮脂が出やすくなる

お菓子をやめれば脂性肌が治る、ニキビが治ると思っている人もいるかもしれませんが、

お菓子をやめただけでは意味がありません。

お菓子をやめたのに、その代わりに菓子パンやラーメンなどの糖質を多く含むものを食べていたら、プラマイゼロです。

糖質には、脂性肌を加速させる以下の特徴があると言われています。

  • 糖質は、皮脂をコントロールするビタミンB群を消費。
  • 糖質を食べて血糖値が上がることでも皮脂線が刺激される。

だからお菓子を食べ過ぎると、糖質をたくさん摂るから、皮脂線の刺激などで皮脂が増えるのです。

これは、フェミークリニックのコラムで医師も述べています。

炭水化物に含まれる糖質は、分解されるときに多くのビタミンB群やミネラルを消費します。

ビタミンB群には皮脂の分泌量をコントロールする作用があるため、糖質の分解に優先的に消費されると、皮脂の量が増えてしまうのです。
また、炭水化物をたくさん食べると、糖質の影響で血糖値が急激に上昇します。

血糖値が上昇すると、元に戻すためにインスリンというホルモンが分泌されますが、実はこのインスリンには皮脂腺を刺激する作用があるといわれています。

つまり、ビタミンB群の消費とインスリンの影響で、皮脂分泌が過剰になってしまうのです。

皮脂が過剰分泌すると毛穴に詰まりやすくなり、そこに雑菌などが付着すると炎症を引き起こしてニキビが発生してしまいます。

出典:「炭水化物を食べるとニキビができる」この噂の真相と適切な食べ方とは | フェミークリニック

ビタミンBだけ摂ればいいという話ではない

「ドベネックの桶」をご存じでしょうか? 

これは、「リービッヒの最少律」という植物の成長の仕組みを例えた図です。

桶の中の水が植物の成長量、板が成長に必要な要素や養分です。

たくさん摂れている養分の板は高くなりますが、不足している養分の板は低いまま。結局、そこから水が漏れていってしまいます。

このように、植物の成長には、最も少ない要素が関係するというわけです。一つの板を高くするのではなく、バランスよくすべての板を高くすることが大事。

つまり、「すべての要素をバランスよく補給する」ということが肝心です。

人間も植物と同様です。人の身体には、三大栄養素と言われるタンパク質・脂質・炭水化物のほか、ビタミン、ミネラルなどの栄養素が必要です。

たくさん摂取している栄養があっても、どれか一つが不足していれば、健康な状態は保てません。必要な栄養素をバランスよく摂取して、必要量を満たすことが大切なのです。

https://www.saiseikai.or.jp/feature/recipe/column/002/

といってもバランスの良い食事って難しいですよね

ABOUT ME
nisikori
27歳 男
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。