ニキビ肌を綺麗にする実験

脳と腸の関係を示す面白い論文

幸福感に影響を与える神経伝達物質のセロトニンは有名かなと思います

そのセロトニンは脳で作られる量よりも、腸でほとんどのセロトニンが作られることをご存知でしょうか?

なんと、全体の90%のセロトニンは腸で作られるという

すごいですね。

でも、そのセロトニンは脳へ血液を介して届くことはないようです。

脳には外部からの異物をブロックする機能があるようです

教科書にも載ってる仕組です

じゃあ、腸って脳に影響与えないんじゃないかという結論になりそうなんですが、

迷走神経というものが、その考えを覆しそうなんです

迷走神経って何?って話なんですが

迷走神経というのは脳からお腹のとこまで伸びる神経で、人間の感覚や運動能力をコントロールしています。

そんな神経があるとは!

迷走神経と腸と脳の関係

腸内で作られたセロトニンが迷走神経に刺激をあたえて、

これが脳の視床下部に命令を出してるみたいです

視床下部は、メンタルを左右するホルモンの分泌に関わるエリアであります(オキシトシンとかエンドルフィンとか)

つまり、腸内セロトニンは血管を通って脳に行くんじゃなくて、脳神経に直にアタックしてるわけですね。

その方が効率がいいという

腸内細菌セロトニンの分泌を決定している

流れを簡単に説明しますと

腸内細菌が食物繊維を発酵させる

脂肪酸ができあがる(酪酸とかチラミンとか)

脂肪酸が血管を通って脳に作用

セロトニンが増える!

まとめ

腸内細菌の作るセロトニンは脳に影響を与える

腸内細菌をいたわることが大事

腸内細菌の分解できるもの、できないものを区別して食べるべきもの、食べないものを把握するのが大事

ABOUT ME
nisikori
27歳 男
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。