未分類

最高の体調を得るために 炎症って何に影響を与えるの??

体脂肪は体内の炎症を助長させるので良くないよねという話をした

たしかに、太ってる会社員で優秀な人って少ないよな

ちなみに、体内の炎症をほったらかしにしていると脳の記憶をつかさどる海馬が収縮するという結果も出ている

ベイラー大学やミネソタ大学の共同研究で、およそ15,000人の男女を追っかけた観察研究

 

15000人なので信頼できるかなと思う

 

参加者の年齢は45〜65才なので中年の人達が対象

 

研究では、全員に血液検査をおこなったうえで、以下の5ポイントを調べた。

 

  1. フィブリノゲン
  2. アルブミン
  3. ヴォン・ヴィレブランド因子
  4. 第VIII因子
  5. 白血球の数

 

いずれも、血液が詰まったり、なんらかの感染が起きたときに増えやすい物質で、体内の炎症レベルを判断するのに使われるケースが多い

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-7374862183285620”,
enable_page_level_ads: true
});

研究期間は約24年、、、長い、、、

すべての参加者からランダムに1,978人を選ぶ。

 

全員に「10個の単語を覚える」っていう記憶テストを指示したうえで、みんなの脳をMRIで調べた。

 

 結論としては炎症レベルが高い人ほど脳が小さい

 //pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({
google_ad_client: “ca-pub-7374862183285620”,
enable_page_level_ads: true
});

  • 海馬が4.6%減=記憶力に関係している
  • 後頭葉が5.7%減=視覚的な情報を処理する
  • 大脳が5.3%減=高次な脳の機能をつかさどる。アルツハイマーにかかった人は、大脳が小さくなることがわかっている

  • 若い頃に炎症が多かった人は、年を取ってから脳が縮む可能性もデカくなる
  • 炎症と脳の縮小に男女の差はない

あれまあという結果に

 

とりあえず若いうちから炎症対策はしておこうねという

 

 

話がそれてしまった、、、

 

 

今日はこの辺で

ABOUT ME
nisikori
27歳 男
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。